ここから本文です

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』上映イベント開催 東京公演は伊藤政則が登壇

CDジャーナル 9/6(火) 18:01配信

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』上映イベント開催 東京公演は伊藤政則が登壇

レッド・ツェッペリン『狂熱のライヴ』上映イベント開催 東京公演は伊藤政則が登壇

 レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のライヴ・ドキュメンタリー映画『狂熱のライヴ / THE SONG REMAINS THE SAME』の上映イベントが9月14日(水)に東名阪のライヴハウス3会場(Zepp DiverCity / Zepp Nagoya / Zepp Namba)で開催。東京会場となるお台場 ZeppDiverCityでは、上映前に音楽評論家の伊藤政則が登壇。トークを披露する予定となっています。

 レッド・ツェッペリンの初来日公演からちょうど45年目にあたる2016年に企画された今回のイベントは、会場のPAシステムをフル活用した大音量での上映となっており、通常の公演同様に、スタンディングで盛り上がることができるよう“絶叫OK”。また当日の来場者には先着で、関係者に配られる“貼りパス”をモチーフにしたイベント・ステッカー(サテン地)と、耳栓が特典として配布されます。無くなり次第終了。

最終更新:9/6(火) 18:01

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]