ここから本文です

【K-1】再起に懸ける日本人対決、久保優太vs牧平圭太が決定

イーファイト 9/6(火) 23:43配信

 11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』の記者会見が、9月6日(火)都内にて行われた。

【フォト】山崎秀晃からダウンを奪った久保優太

 スーパーファイト(ワンマッチ)の対戦カードとして、GLORY -65kg SLAM王者・久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)vs元Krush -67kg王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)が決定。新たに創設されたウェルター級(-67.5㎏)のファーストマッチとなる。

 久保は3月のK-1スーパー・ライト級(-65kg)日本代表決定トーナメントで山崎秀晃にKO負けを喫して準決勝敗退。再起の舞台となる今大会には、階級を上げて臨むことになった。

 対する牧平は昨年7月のK-1スーパー・ウェルター級(-70kg)初代王座決定トーナメントで日本人唯一となるベスト4進出を果たした実力者。しかし現在、主戦場のKrushでは2連敗を喫しており、今回の一戦に勝利して再浮上のきっかけとしたいところ。

 この日の会見には両選手が出席し、試合に向けた意気込みを語った。久保は「新階級一発目の試合に選んでもらえて嬉しいです。ここで結果を残してエース宣言したいと思います」と、さっそくウェルター級エースに名乗りを上げた。

 対戦相手の牧平については「リーチが長くて激闘派。とても良い選手だと思います」と高く評価したが、「僕はプロデビューしてから常に自分の弱点を克服出来るようにトレーニングしてきました。だからこそ、すべてにおいて相手を上回っているという気持ちです」と攻略に向けて自信をのぞかせる。

 さらに「67kgは自分にとってベストな階級です。結果を残せるであろうし、自分がこの階級のエースだと思っています。この階級で世界一を取るために、ここで負けるわけにはいかない」と、世界王者という目標に向けて落とせない一戦とした。

 一方、この試合は「自分を変えるチャンス」と話す牧平。久保については「穴の無い天才だと思います」と絶賛するが、「この試合に懸ける思いは間違いなく自分の方が上です」と闘志を燃やす。

 試合に向けて、「連敗してるこのタイミングでこんなチャンスはもう2度とないと思っています。何が何でも勝って自分を変えたい」と、牧平は復活に懸ける強い気持ちをアピールした。

<追加対戦カード>

▼スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R・延長1R
久保優太(K-1ジム五反田チームキングス/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本王者、元Krush -67kg王者、GLORY -65kg SLAM王者)
vs
牧平圭太(HALEO TOP TEAM/元Krush -67kg王者)

最終更新:9/6(火) 23:43

イーファイト