ここから本文です

吉田麻也「気難しい審判なので、細心の注意を払ってやりたい」/日本代表

ISM 9/6(火) 9:06配信

 日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でタイと対戦する。以下は、試合前日のDF吉田麻也(サウザンプトン/イングランド)のコメント。

●吉田麻也コメント

Q:相手10番の対策は?
「僕らがボールを回す時間が長くなるので、その分リスクマネージメントが大事になってきます。この前もチャンスを作られているので、もっともっと守備的にいかないといけないと思います。この前もそうですけど、相手にリードされるとかなり苦しくなるので、僕らが先制点を取って、しっかり我慢しなければならない」

Q:ビルドアップの部分は?
「短いパスをなるべく少なくして、シンプルに回していかないといけないと思います。特にグラウンドがよくないので、そこで引っかかってカウンターというのは、この前の2失点目もそうですけど、絶対に避けなければいけないと思います」

Q:決起集会をしたようだが?
「決起集会ではないです(笑)。(日本食レストランで)食べていただけで、決起集会っていうわけでもないです」

Q:UAE戦で不利な判定があってイエローももらったが、次も中東の審判なので気をつけながらプレーしないといけない?
「次の審判も何回かやったことありますけど、気難しい審判なので。この前の最初も注意深くプレーしたつもりではあったんですけど、細心の注意を払ってやりたいと思います」

最終更新:9/6(火) 9:11

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]