ここから本文です

チョ・ジョンソク主演「造られた殺人」が11月公開、報道局と刑事たちの対立描く

映画ナタリー 9月6日(火)12時0分配信

「建築学概論」のチョ・ジョンソクが主演を務める「造られた殺人」が、11月19日より東京・シネマート新宿ほかにて公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「造られた殺人」は、ある連続殺人事件について誤った報道をしたことで窮地に陥る記者・ムヒョクを主人公にしたサスペンス。世間の注目を集めようと画策する報道局と、事件の真相究明に励む刑事たちとの対立関係をブラックユーモアを交えて描く。

チョ・ジョンソクがムヒョクに扮するほか、報道局の局長をドラマ「ラブレイン」で知られるイ・ミスク、ムヒョクの妻を3年ぶりにスクリーンに復帰したイ・ハナ、ムヒョクに疑いの目を向ける刑事を「インサイダーズ/内部者たち」のペ・ソンウがそれぞれ演じる。監督を務めたのは「恋愛の温度」のノ・ドク。

なお特製ポストカード付き前売り券が、9月10日より劇場窓口およびメイジャー公式サイトにて販売される。



(c)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

最終更新:9月6日(火)12時0分

映画ナタリー