ここから本文です

最終予選予備登録メンバー89人判明…大久保&憲剛、内田も入った

スポーツ報知 9月6日(火)6時7分配信

 アジア・サッカー連盟は5日、W杯アジア最終予選に出場する各国の予備登録メンバーを発表した。日本代表は89人を登録。来年9月まで続く最終予選では、予備登録から選手を選ぶ必要がある。6日のタイ戦の選考から漏れた中にはJ1・3年連続得点王のFW大久保嘉人(34)、MF中村憲剛(35)=ともに川崎=らベテランも入った。

 ポーランドでプレーするMF森岡亮太(25)=シロンスク・ブロツワフ=、ドイツ2部のFW宮市亮(23)=ザンクトパウリ=、ルーマニアのMF瀬戸貴幸(30)=アストラ=ら海外組もリスト入り。右ひざの負傷から復帰を目指すDF内田篤人(28)=シャルケ04=の名前もある。

 また、J2からは4人を選出。FW柿谷曜一朗(26)=C大阪=、MF長沢和輝(24)=千葉=らが入るなど、幅広い人選となった。

最終更新:9月6日(火)6時7分

スポーツ報知