ここから本文です

【京成杯AH】ロードクエスト対策万全 初の右回りのマイル戦で古馬倒す

デイリースポーツ 9月6日(火)6時4分配信

 「京成杯AH・G3」(11日、中山)

 ロードクエストは新馬、新潟2歳Sを圧勝し、NHKマイルC2着とマイル戦の連対率は10割。すべて最速上がりを記録した。ただ、右回りのマイル戦は経験がない。そこで、小島茂師は美浦Wでの1週前追い切りにひとつのテーマを課した。

 前2頭を離れて追走。4角手前で背後に取りついてインへ。直線半ば、意識的に内へと振る。右回りでスムーズに手前を変えられるかを確認するためだ。いいリアクションで前のモンテネオ(1500万下)をかわす。相手が馬なりとはいえ2馬身先着した。

 師は「あえて大きい動作をして手前の変え方を確かめた。予想以上にスムーズに変えてくれたし、抜け出したらソラを使ったほど。やっぱり違いますね」と能力を再認識。「お尻の肉付きが変わった。見た目にも大きく映ります」と成長した姿に目を細めた。

 右回りのマイルを使うのは、騎乗停止でダービーに乗れなかった池添のリクエスト。初の古馬相手にもなるが、師は「ここで結果を出せるかどうか。この一戦が今後の路線を決める」と熱い決意を持って臨む。

最終更新:9月6日(火)8時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。