ここから本文です

【NJKF】WBC世界王座防衛戦の梅野源治「今回はKOを狙う」

イーファイト 9月7日(水)7時10分配信

 9月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2016 6th』のメインイベントで、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座2度目の防衛戦を行う梅野源治(PHOENIX)の公開練習が6日(火)都内所属ジムにて行われた。

【フォト】必殺のヒジをサンドバッグに叩き込む梅野

 サンドバッグ打ちでパンチ、ミドルキック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りと一通りの技を披露した梅野。8月7日の『REBELS』におけるヤスユキ戦で偶発性のバッティングを受け、鼻の骨折と右目眼窩底骨折の疑いがあったが、検査の結果、眼窩底骨折には至らなかった。

「直後は目を左右に動かすだけで痛みがあり、気分も悪くなっていたんですが、今も多少痛みはありますが試合には影響ないと思います。鼻は試合後の控え室で治してもらって、バキッと凄い音がしてみんなビックリしていました」と梅野。

 それでも大事をとり、今回はスパーリングを一切していないという。不安はないかとの問いには「ありません。今までも試合前にもっと大きい怪我をしたことがあるので、今回は全く気になりません」と答えた。

 今年に入ってから2勝2分と負け無しではあるが、不完全燃焼の試合が続いている。それについては、実はトレーナーとの不仲が原因であったと打ち明けた。

「僕が、そんなことは出来ない、こうした方がいいと言って意見が合わないようになって、トレーナーの言うことを聞かなくなっていたんです。それで練習もぎくしゃくしてしまって。変に頭が固くなっていた」

 そのため、本来のスタイルから変わってしまい、慎重になりすぎて下がってしまうスタイルになってしまったという。そこでトレーナーと話し合い、今回から昔と同じ練習に戻したことで「これだな、というのを感じている」という。「結果が出なかったのが全て。前のように出来ないとは言わず、信じてやるのが一番いいと思いました」

 今回の挑戦者キース・マクラクラン(イギリス)については、「トレーナーが試合映像を見て、20秒で“ふんっ”と言って消してしまいました(笑)。僕も見ましたが、タイ人と比べたら強いとは言えない。レベルが違う」と一蹴。

 だからこそ今回は、「昔のようにとにかくアグレッシブに行って、倒すスタイルで盛り上がる試合を見せたい。今回はKOを狙っていきたいというのが一番ですね。1Rからガンガン飛ばしていきます」と、KOを狙う試合をする宣言。「もちろん、勝つのは俺です」と2度目の防衛に自信をみなぎらせた。

最終更新:9月7日(水)7時10分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]