ここから本文です

山陽小野田で複合イベント「wakayamaマルシェ」 雑貨・ライブ・カフェがコラボ /山口

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)9時42分配信

 山陽小野田の「コミュニティカフェ&リカーショップ wakayama(ワカヤマ)」(山陽小野田市港町、TEL 0836-83-6761)で9月17日・18日、音楽ライブと雑貨販売のコラボイベントが行われる。(山口宇部経済新聞)

 「OTOがときめくwakayamaマルシェ」と題した同イベント。週末を中心に音楽ライブイベントなどを行う同店が、2014年から主催する野外音楽イベント「wakayama音楽祭」の「アナザーストーリー」として開く。

 コンセプトは「雑貨とカフェと音を楽しむPOPで陽気な2日間」。店内で2日間にわたって音楽ライブを実施するほか、山口・福島・宮城など県内外のハンドメード作家20店が出店・委託販売する「全国雑貨市」を展開。同店はカレーライス、ワッフルなどの飲食バザーを提供する。

 「前夜祭」(17日)は、岩手県花巻市出身のアコースティックユニット「*はなおと*」など3組のアーティストが出演。来場者は雑貨の品定めをしながら音楽ライブを楽しむことができる。

 「本祭」(18日)では、ピアノやギターの弾き語り、落語をはじめ、子育て世代を中心とした女性に向けたトークや講座など多彩に展開する。司会はテレビ番組「週末ちぐまや家族」に出演する沖永優子さんが務める。

 そのほか、18日は同店近くの「いのうえ内科医院」(須恵1)の駐車場で「体験・販売ブース」を実施。県内から生花店や菓子店、タロット占い師など17店が出店する。

 店主の穐本真一さんは「雑貨イベントはこれまでに要望が多かったが、初めて開催する。県内でハンドメード雑貨イベントを運営する『snowdrop(スノードロップ)』(くし山2)の福田真紀さんと共同で企画した」と話す。

 「福田さんと協力してお互いの『らしさ』を出したので、これまでと異なる層が雑貨・ライブ・カフェの魅力に触れる機会になりそう。出入りは自由なので、2日間楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 同イベントは熊本地震の復興支援を兼ね、店内には募金箱を設置するほか、収益金の一部を熊本地震災害支援募金に寄付する。

 開催時間は10時~16時。入場無料。屋外イベントは少雨開催。出店者、出演者は同イベントのイベントページ(フェイスブック)や同店のフェイスブックで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)13時14分

みんなの経済新聞ネットワーク