ここから本文です

金本阪神 今度こそ甲子園初G倒や 「0勝?それは絶対あきまへん」

デイリースポーツ 9月6日(火)6時4分配信

 負けっ放しでは終われない。阪神・金本知憲監督(48)が5日、6日からの巨人3連戦(甲子園)での必勝を宣言した。今季、甲子園での巨人戦は0勝6敗1分けと屈辱的な成績で「それは絶対あきまへんね」と選手の奮起を促した。宿敵を叩き、CS進出の可能性をつなぐ。

 阪神ファンが一番盛り上がる伝統の一戦なのに…。今季の巨人戦は東京ドームで6勝6敗と五分の戦いを見せながら、甲子園ではなぜか0勝6敗1分け。金本監督は衝撃的な事実を伝えられると、声のトーンを上げた。

 「1試合も勝っていないの?うわお…、それは絶対あきまへんね。阪神ファンって、巨人に勝ったら納得するところがあるからね。そういうファンが多いから」。甲子園での巨人戦は残り6試合。1試合でも多く、勝利の六甲おろしを響かせることを約束した。

 4日・DeNA戦で今季ワーストの7連敗を止めた。自力でのCS進出の可能性はなくなっているが、残り16試合で3位・DeNAとは4ゲーム差。浮上するのか、逆に沈むのか。今カードは真価が問われる3連戦となる。

 2位・巨人は最近10試合で1勝9敗と急失速している。リーグ優勝は厳しい状況だが、DeNAが4ゲーム差と迫ってきており、必勝態勢で乗り込んでくる。

 初戦となる6日の相手先発は菅野。阪神戦は今季、3試合で1勝1敗、防御率0・00。24イニングでわずか2点(自責点0)しか奪えていない。

 2戦目以降も難敵が続く。7日の先発・田口とは5試合で0勝4敗。8日の先発・内海にも2試合で0勝2敗と苦しめられてきた。

 指揮官は「苦手意識もなにも、終わりの方に言っても仕方ない。結局、苦手のまま終わってしまったんだから」と現実を受け入れつつ、来季へ向けて確かな爪痕を残すことを約束した。

 「個々の工夫でいくのか、チームとして何かをやっていくのか。打撃コーチと相談します」。巨人戦打率・215と苦手にしているゴメスの起用を思案し、左腕を苦手にしている高山を2、3戦目は先発から外す可能性も示唆。なりふり構わず、勝ちに行く意気込みだ。

 甲子園での指名練習では、打撃ケージ裏で選手のスイングを注視。遊撃・北條にノックするなど、精力的にグラウンドを動き回った。CS進出へ向けて気持ちは途切れていない。可能性がある限り、前に進むだけだ。甲子園で宿敵を倒し、奇跡への推進力を生み出す。

最終更新:9月6日(火)8時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]