ここから本文です

名古屋観光キャンペーンが趣向を一変 ご当地アイドルグループとコラボ /愛知

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)10時30分配信

 名古屋市と名古屋観光コンベンションビューローは9月1日、スマートフォンで参加できるスタンプラリーを使った秋の観光キャンペーン「名古屋であそぼう! Come on Nagoya!」を始めた。(名駅経済新聞)

名古屋城×秋本帆華さんのスタンプラリー用のソロポスター

 名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「BOYS AND MEN(通称=ボイメン)」と「チームしゃちほこ」を起用し、アイドルを応援している若年層とその周りにいる大人をターゲットに据えた同キャンペーン。「アイドル好きが企画した、アイドル好きのためのアイドルを活用した企画」と企画担当者。

 両グループは、名古屋の知名度とイメージアップを目的に設けられた「名古屋観光特使」を担い、同キャンペーンもこの一環。特設サイトでは、両グループの動画メッセージのほか、名古屋で開催されるイベント情報を掲載している。

 名古屋城、名古屋テレビ塔、名古屋市美術館、名古屋市科学館、リニア・鉄道館など15施設を対象に、メンバー1人ずつが掲載されたスタンプラリー用のソロポスターを施設内に掲出。ソロポスターに掲載しているQRコードを読み取るとスタンプが押され、3つ集めると、サイン入りポスターなどの賞品に応募できる仕組み。

 「メンバーのソロポスターを見てみたい、集めてみたい、という目的で、遊びながら名古屋を回遊し、名古屋の観光施設の楽しさも感じてほしい」と担当者。

 同キャンペーンは昨年、名古屋の観光コンテンツとして「武将・歴史観光」「産業観光」「なごやめし」を掲げてきたが、「都市で遊ぶ、ことも名古屋の魅力として感じていただくため、昨年までの武将ビジュアルとはガラリと変えてみた」と企画担当者。

 そのほか「毎年人気」だという日帰りバスツアーも開催。大和屋守口漬工場見学や、円頓寺の「カブキカフェ ナゴヤ座」を観劇するツアー(10月8日、参加費9,800円)や、瀬戸でのワークショップや円空仏の見学、たまり醤油(じょうゆ)の蔵元見学ができるツアー(11月12日、参加費9,980円)を用意する。いずれも名阪近鉄旅行が扱う。

 キャンペーンは11月30日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)10時30分

みんなの経済新聞ネットワーク