ここから本文です

ベイル、ウェールズのさらなる躍進を信じる 「ユーロのベスト4は過去のこと」

GOAL 9月6日(火)20時43分配信

レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルは、同代表が今後も歴史をつくっていけると信じているようだ。

ウェールズは、58年ぶりの主要大会出場となったユーロ2016で大きく躍進。準決勝でポルトガルに敗れたものの、ベスト4という成績で欧州中から健闘をたたえられた。

ウェールズの次なる目標は、2018年のロシアワールドカップ出場だ。それに向け、欧州予選第1節でモルドバに4-0と快勝している。

この試合で2得点1アシストと存在感を見せたベイルは、試合後次のように話している。スペイン『EFE通信』がコメントを伝えた。

「難しい試合になると予想していた。彼らは自陣に引いて守りを固めてきた。だけど僕たちはそういった相手に対しても、戦う術を知っていた」

「このチームは時間をかけて成長してきた。それを続けていくだけさ。フランス(のユーロ)で、歴史はつくれた。でも、それはもう過去のこと。新たな歴史をつくる時期が訪れたんだ」

GOAL

最終更新:9月6日(火)20時43分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。