ここから本文です

60年ぶりW杯へ、ベイル躍動のウェールズ4発快勝スタート/W杯欧州予選

ISM 9月6日(火)9時58分配信

 2018年W杯欧州予選は現地時間5日に各地で第1節が行なわれ、グループDではウェールズがホームでモルドバに4対0と快勝し、好スタートを切った。

 1958年大会以来のW杯出場を目指すウェールズ。モルドバとの初戦は38分にベイルのクロスにヴォークスが頭で合わせて先手を取ると、44分にアレンが追加点を挙げ、2点のリードで前半を折り返す。

 後半も畳み掛けるウェールズは、50分に相手DFからの“プレゼントパス”を受けたベイルが冷静にネットを揺らして3点目。さらにロスタイムにはベイルが自身で獲得したPKを沈めてダメ押し。EURO2016でも躍進の原動力となったベイルが2得点1アシストの活躍を見せ、初戦で快勝を収めた。

 ベイルはこの日の2ゴールで、代表での通算得点数を24とし、イアン・ラッシュ氏の持つ歴代最多記録にあと4ゴールと迫っている。

 同グループの試合では、セルビアがホームでアイルランドと2対2で引き分けた。オーストリアはジョージアにアウェイで2対1と勝利している。(STATS-AP)

最終更新:9月6日(火)9時58分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]