ここから本文です

壮絶リハビリの西城秀樹「家族でハワイ旅行」実現

東スポWeb 9/6(火) 11:27配信

 2度の脳梗塞で右半身にまひが残る歌手の西城秀樹(61)が8月にハワイへ家族旅行に出かけていたことが6日、分かった。この日、放送されたフジテレビ系「とくダネ!」で、妻の美紀さんがホームビデオで撮影した映像を公開した。

 同局は完全復活を期する西城に密着し、7月5日には「ノンストップ!」が壮絶なリハビリの模様をリポート。その時、西城はカメラの前で「ここで何回泣いたことか…。なんで自分がこんな目に遭うのか」と心境を語った。そして「支えているものは何か」の質問に「夏休みに3人の子供と家族でハワイ旅行に行きたい」と答えていた。

 その願いが8月に実現したのだ。滞在は5日間。番組では夫人が撮影したムービーを紹介。西城が友人に促されプールに入り、3人の子供たちに手を引かれプールを歩行するシーンや、子供たちから「ありがとう」と声をかけられ、照れくさそうに笑うシーンも収められている。夫人に感想を聞かれた西城は、カメラに向かって「まあまあ」と答えた。

 笠井信輔アナウンサー(53)によれば、今回は回復したこともあり、車いすを使わないことにしたという。「子供に手を引かれ、あちらこちらに引っ張り回され、かなり疲れたと言っていました」と伝えた。

 デビュー45周年を迎える西城は6日から群馬を皮切りに「同窓会コンサート」で全国を回るなど帰国後も忙しい生活が続く。次の目標は「動きが激しくて封印している『傷だらけのローラ』をファンの前で披露すること」だ。

最終更新:9/6(火) 11:33

東スポWeb