ここから本文です

日本ハムが大谷「中0日二刀流」解禁!6日に先発復帰、7日野手出場へ

デイリースポーツ 9月6日(火)6時4分配信

 日本ハム・栗山英樹監督(55)は6日のロッテ戦(旭川)で先発復帰する大谷翔平投手(22)を翌7日に野手で出場させる「中0日」起用を検討していることを明かした。

 優勝争いが佳境に入り“大谷リミッター”の解除が視野に入った。北海道へ移動した栗山監督は「(先発の)次の日、野手の可能性はあるよ。翔平の体が成長し強くなっているとかいろいろある。(二刀流起用法の)マニュアルから外れているのは間違いない」とはっきり言った。

 これまで中0日出場(野手出場翌日の登板、または登板翌日の野手出場)は1年目の13年に3度だけあるが、当時はベストな二刀流起用法を模索段階だった。ローテ定着後の14年以降は一度もないが、昨オフの肉体改造の成果もあり中0日出場に耐えられる体になっていると判断。旭川入りした大谷は「特に緊張はないです。1人でも多くしっかり投げられれば」と7月10日・ロッテ戦以来の先発登板へ平常心で臨む。

 6日の内容が良くローテに定着すれば、21日からのソフトバンク2連戦に先発登板する可能性も出てくる。「今の翔平を見たらやれると信じている」と栗山監督。投打でフル稼働できれば、計り知れないほど大きな戦力になる。逆転Vへのシナリオは大谷の起用が鍵を握っている。

最終更新:9月6日(火)8時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]