ここから本文です

ロボット治療機器の国内レンタル開始

MONOist 9月6日(火)8時55分配信

 CYBERDYNEは2016年8月16日、世界初のロボット治療機器「HAL医療用下肢タイプ」(HAL医療用)のレンタル販売を、2016年8月下旬から開始すると発表した。

【その他の画像】

 HAL医療用は、緩徐進行性の神経・筋疾患の進行抑制治療で歩行機能の改善効果が示された新医療機器として、2015年11月に厚生労働省から製造販売承認を取得した治療ロボットだ。

 装着者が身体を動かそうとすると、脳から脊髄~運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝わり、筋骨格系が動作する。同機器は、この時の脳・神経系由来の微弱な生体電位信号(BES)を皮膚表面から検出する。

 また、装着者の状態や関節の部位に応じて「サイバニック随意制御」「サイバニック自律制御」「サイバニックインピーダンス制御」などの複数の制御モードを組み合わせることができ、生体電位信号や各種センサーの情報を用いて、各関節に配置されたパワーユニットを駆動させる。これにより、装着者の動作意思に従った動作が可能になる。

 このHAL医療用は、2016年4月にロボット治療として世界で初めて一般の公的医療保険の償還価格が決定した。また、同年6月には対象疾患の医学専門家による監修の元、適正使用ガイドが公開されている。

 そして今回、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に、製造販売後の安全性と有効性に関する情報を収集し確認するための、使用成績調査に関する計画書を提出。これを踏まえて、レンタル販売の開始に至った。

 今後、脳・神経・筋系の機能再生や改善に向けての臨床試験や研究を進め、同機器の適用を拡大していくという。

最終更新:9月6日(火)8時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]