ここから本文です

<浅野忠信>“怪しい男”に「僕にしかできない役」 役への思い熱弁

まんたんウェブ 9/6(火) 21:33配信

 俳優の浅野忠信さんが6日、東京都内で行われた主演映画「淵に立つ」(深田晃司監督、10月8日公開)の完成披露試写会に、主要キャストとともに出席した。平凡な家族の生活に突然入り込む怪しくも魅力的な男という役どころを熱演した浅野さんは、これまで「特殊な役をやってきた」と振り返り、「台本をいただいたときに、これは僕にしかできない役だと思いました」「(この役は)僕にぴったりでしたし、僕にやらせてほしい役だった」と役への思い入れを熱弁した。

【写真特集】“怪しい男”役なら浅野忠信!「淵に立つ」完成披露試写会の様子

 浅野さんは「こういう(怪しい男の)役が多いというか、この男には何かあったんではないか思われる役を続けてきた」と語り、「他の役者さんより(怪しい男について)考えてきたと思うので、そういう中でもらってきた答え、現場で受け取った何かを全部ぶつけた」と熱い思いを語った。

 また、深田監督とは役が決定した時点から意見を交わしていたといい、「準備は無駄なくできた」と自信を見せた。一方、深田監督も浅野さんの役を「いわゆる悪の象徴のようには描きたくなくて、いろんな偶然で、善にも悪にも見えるようにしたかった」と明かし、「浅野さんのアプローチは完璧だったと思います」と、その演技に太鼓判を押した。

 「淵に立つ」は、下町で金属加工業を営む夫婦のもとに突然ひとりの男が現れ、奇妙な共同生活が始まったことで、夫婦それぞれが抱える秘密があぶり出されていく……という人間ドラマ。第69回カンヌ映画祭では「ある視点」部門審査員賞を受賞しており、深田監督は「(同映画祭に)参加できることだけで夢のような感じだったので、まさか賞までいただけるとは。この作品にとって最高のスタートを切れた」と笑顔を見せた。

 イベントには、古舘寛治さん、筒井真理子さん、太賀さん、主題歌を担当した歌手のHARUHIさんも登場。太賀さんは「監督は僕を新しい世界に連れて行ってくれる方。まさか、今回でカンヌにも連れて行ってくださるなんて。めちゃくちゃ幸せで夢のよう」と感謝。浅野さんは「カンヌに行くとき、飛行機がなかなかたどり着かない、たどり着いたら荷物が届かないと散々な目に遭った。問題が起きた後には必ずいいことがある。賞をいただけたので、予想以上にびっくりしました」と振り返っていた。

最終更新:9/7(水) 23:01

まんたんウェブ