ここから本文です

コラソン「日本一目指す」 新ユニホームで新体制発表 

琉球新報 9月6日(火)14時59分配信

 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは6日、県庁で会見を開き、11日に開幕する2016―17シーズンに臨む新体制と新ユニホームを発表した。水野裕紀選手兼監督は「今季は最低でもプレーオフ(PO)に進出し、日本一を目指す」と熱い思いを語った。
 昨季のコラソンはレギュラーシーズン6位。POに進出した14|15シーズンの4位から、リーグ加入後初めて順位を落とした。今季は昨季得点王の棚原良が抜けたが、昨季途中から加入し、攻撃の要となる196センチの趙顯章が再契約した。新たに大崎電気から移籍した石川出、ドイツリーグの経験がある三村裕幸、ムードメーカーの牧山仁志ら新たな即戦力も加わった。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:9月6日(火)14時59分

琉球新報