ここから本文です

8月の『ポケモンGO』利用実態調査結果を発表! 現在プレイしている人は24.2%に

ファミ通.com 9月6日(火)16時27分配信

●プレイ経験は37.7%、現在プレイ中は24.2%に
 MMD総研は、インターネット調査にて15歳~69歳の男女2190人を対象に、『ポケモンGO』利用実態調査を実施(集計期間:2016年8月19日~26日)。その結果を発表した。

 以下、リリースより。

----------

■ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%
 15歳から69歳の男女2,190人を対象に、ポケモンGOプレイ経験を聞いたところ、現在プレイしている人が24.2%、過去プレイしたことがある人が13.5%を合わせ、37.7%がポケモンGOをプレイした経験があると回答した。プレイ経験を年代別に見てみると、15歳から19歳のプレイ経験が最も高く59.8%、次いで20代のプレイ経験49.1%で高かった。現在プレイしている人に限定すると、15歳から19歳のプレイ率よりも、20代のプレイ率の方が高かった。

■ポケモンGOのプレイ期間は、「リリースから5週間程度」が最も高く21.9%
 ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、ポケモンGOのプレイ期間を聞いたところ、調査時点でプレイ期間としては最長の「~5週間程度」が最も高く21.9%だった。これをプレイ状況別にみると、現在プレイしている人(n=530)のプレイ期間は「~5週間程度」が最も高い31.3%だった。一方で、過去プレイしたことがある人のプレイ期間は、「~3日程度」が最も高く39.0%だった。

■ポケモンGOの評価、平均点は10点満点中5.6点
 ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、ポケモンGOで遊んでみての評価を10点満点で聞いたところ、最も多かったのは「5点」、次いで「7点」「8点」「6点」と続いた。10点満点中の平均点は5.6点だった。

■ポケモンGOの課金率は、16.6%
 ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、お金を支払ってアイテムなどを購入したかを聞いたところ、16.6%がアイテム購入したことがあると回答した。

■ポケモンGOを止めた理由は、「バッテリーがなくなる、自宅ですることがない、同じことの繰り返し」が上位
 ポケモンGOを過去プレイしていた人(n=295)を対象に、ポケモンGOを辞めた理由を複数回答で聞いたところ、「バッテリーがなくなる」が42.0%で最も高く、次いで「自宅でできることがあまりない」が38.3%、「同じことの繰り返し」が37.6%で上位だった。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
■ 調査概要
・ 調査名 :2016年8月ポケモンGOの利用実態調査
・ 調査期間:2016年8月19日~8月26日
・ 有効回答:2,190人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:15歳から69歳の男女
・ 設問数 :5問

■ 調査全設問項目
・ あなたはポケモンGOをプレイしたことがありますか。
・ どれくらいの期間ポケモンGOをプレイしていますか。
・ ポケモンGOについて10点満点で採点するとしたら、何点をつけますか。
・ あなたはポケモンGOにお金をかけてアイテム購入などをしましたか。
・ あなたがポケモンGOをプレイしなくなった理由を教えてください。

最終更新:9月6日(火)16時27分

ファミ通.com