ここから本文です

横浜マラソン2017出走権ゲットも フルマラソンバーチャルタイム算出企画 /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)11時30分配信

 日産スタジアム(横浜市港北区小机町)に隣接する補助競技場「日産フィールド小机」で10月10日、フルマラソンのバーチャルタイムを算出する「世界記録に挑戦!1/Xフルマラソン」が開催される。(港北経済新聞)

 2017年10月29日に横浜・ベイエリアで開催される「横浜マラソン2017」。今回はその開催1年前のプレイベントで、フルマラソンの10分の1、100分の1、1000分の1の距離をそれぞれ走って、フルマラソンで走った場合の自分のタイムが算出できる。これは同日開催の「横浜スポーツ・レクリエーションフェスティバル2016内」で行われる。

 各距離は10時の部、11時の部、12時の部、13時の部でそれぞれ順次スタート。参加資格は10分の1=2001年4月1日以前生まれ、100分の1=小学生以上、1000分の1=制限無し(小学生未満が参加の場合は要保護者参加)で、10分の1と100分の1参加者のなかから30人には、横浜マラソン2017の出走権(有料)が与えられる。

 参加料は10分の1=1,500円(1998年4月2日以降生まれは500円)、100分の1=500円、1,000分の1=無料。エントリーは「横浜マラソン2017」公式サイトから。9月23日17時まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)11時30分

みんなの経済新聞ネットワーク