ここから本文です

ソフトバンク、日本ハム斬りに和田投入 “中5日の禁”破り必勝態勢

デイリースポーツ 9月6日(火)9時0分配信

 ソフトバンクが2位日本ハムとの21日からの本拠地2連戦に、和田毅投手(35)を投入する方針であることが5日、分かった。今季最後の直接対決に、ここまで両リーグトップ14勝の左腕を立てて必勝を期す。

 工藤監督が勝負のカードを切る。和田は球宴後は金曜日に登板してきたが、今後はまず今季初の中5日で8日・オリックス戦(京セラドーム)に登板。さらに中5日で14日・楽天戦(コボスタ宮城)に回ることで、そこから中6日で21日の日本ハム戦登板が可能となる。

 和田は今季日本ハム戦は4勝1敗。この日午前に本拠地で行われた投手練習では、先発3日前のブルペン投球を実施した。

 前回2日の楽天戦は7回116球。シーズン最終盤の中5日登板の負担は軽くない。和田は次回登板日には触れなかったが「この時期、誰しも疲れてる。その中でも気力、メンタル面もしっかり使って。一戦必勝じゃないけど、最高の準備をしていく」と自覚十分に話した。

最終更新:9月6日(火)9時17分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報