ここから本文です

佐々木蔵之介、“超高速もちつき”に挑戦し息絶え絶えもフカキョンの「あ~ん」にご満悦

映画.com 9/6(火) 17:00配信

 [映画.com ニュース] 俳優の佐々木蔵之介と女優の深田恭子が9月6日、映画「超高速!参勤交代リターンズ」の公開直前イベントを都内で行った。

【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

 2人は着物姿で登場したが、「ちょっと秋っぽくしてみました」という深田のピンク地にもみじをあしらった着物に佐々木はにんまり。約1年前の撮影を思い出し、「冒頭の祝言のシーンで、ああ、姫は美しいなと思ったけれどますます輝きを増しましたね。お似合いです。最近は好きな女性の服装を聞かれると着物と言っています」と持ち上げた。

 中秋の名月が近いことから、奈良県の和菓子店「中谷堂」の職人を迎え、テレビ東京「TVチャンピオン」で優勝した経験のある“高速もちつき”を披露。佐々木は、「迫力がありましたねえ」、深田も「想像をはるかに超えてダイナミック」と感嘆の表情を浮かべた。

 そこで、佐々木も挑戦し職人と息の合ったところを見せ、なかなかのスピードでついたものの、「どんな感じですかって、こんな感じですよ」と息も絶え絶え。それでも、つきたてのもちを深田に食べさせてもらい、「今まで食べたおもちの中で一番おいしい」とほおを緩めていた。

 「超高速!参勤交代リターンズ」は、2014年に公開されヒットした「超高速!参勤交代」の続編。前作で江戸への参勤を果たした福島・湯長谷藩だったが、交代(復路)があることを知り、再び金なし、人なし、時間なしの珍道中を繰り広げることになる。佐々木は、「もちつきで汗かいて、(参勤交代で)汗をかいて、かいた分、面白い笑える作品になった。声を出して笑える時代劇なので、世代を問いません」と自信を見せていた。9月10日から全国で公開される。

最終更新:9/6(火) 17:00

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]