ここから本文です

「ビール醸造の守護聖人」の日祝う、ベルギーで恒例イベント

ロイター 9月6日(火)9時57分配信

[2日 ロイター] - ベルギーのブリュッセルにある聖堂で2日、ビール醸造者の守護聖人である聖アルノーの祝日が祝われた。聖アルノーはビール醸造職人の家に生まれ、若くして醸造の秘伝を会得していたと伝えられている。

この日は、醸造職人のギルド(組合)会員が仮装し、バンドを従えて市中心部のグランパレから聖堂へと行進。聖堂ではビール樽が祝別された。

祝日の後は「ビール・ウィークエンド」というイベントが行われる。さまざまなビール醸造業者が大広場グランプラスに集り、最高の醸造業者を決める。

最終更新:9月6日(火)10時3分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。