ここから本文です

『F1 2016』の魅力を語る【片山右京氏インタビュー】――本物に近い駆け引きが味わえる

ファミ通.com 9月6日(火)17時2分配信

●番組終了後の片山右京氏を直撃!
 ユービーアイソフトが2016年9月8日に発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『F1 2016』。ユーザー待望の“キャリアモード”の復活や、マシンの設定や細かなルールが綿密に再現されているなど、本物のF1の世界を体験することができる。そんな本作の魅力をお届けする生放送番組が、2016年8月30日に放送された。

 番組には、前作『F1 2015』の生放送に引き続き、元F1ドライバーである片山右京氏がゲストとして出演。華麗なドライビングテクニックとトークで視聴者を沸かした。ファミ通.comは、番組終了後の片山右京氏を直撃! 『F1 2016』の感触などを語っていただいた。


――昨年、『F1 2015』の生番組に出演されてから、1年ぶりに『F1』シリーズをプレイされたとのことですが、『F1 2015』と比べて『F1 2016』はどんなところに進化を感じましたか?

片山右京氏(以下、片山) 言葉で説明するのは難しいんだけど、去年とレギュレーションも違うし、いろいろな部分を忠実にやりすぎているから、『F1 2015』とはぜんぜん違いますね。プレイしていない人にはグラフィックがキレイになったとか、見た目の部分の進化しかわからないかもしれないけど、実際にプレイするとAIの精度が違うことに気が付くと思います。接触の仕方などのバリエーションが細分化されて、レースを何回やっても同じ展開にはならないから、すごいなと感じましたね。

――番組では、本物のF1さながらのデッドヒートがくり広げられていましたが。

片山 駆け引きが本物に近いから、グロージャン(※)にインを差されたときも、ゲームだからいいやって感じにはならなくて、「なんだこいつこのやろう」って熱くなっちゃいました。それくらい熱くなっちゃうから、“キャリアモード”を“フル・ウィークエンド”でやるとなると、かなりストレスが溜まると思います(笑)。
※ロマン・グロージャン

――という褒め言葉ですよね? それぐらいリアルだぞという(笑)。ちなみに、キャリアモードでは所属チームを選べますが、強豪チームと弱小チームどちらに入って進めるのがいいと思いますか?

片山 リアルのF1の世界では、よっぽどのことがない限りいきなり強豪チームのマシンには乗ることはできないし、反対に弱小チームならチームメートと競い合いながら、ステップアップすることができます。そういうのを同じ時間軸で体験できるということが、ゲームの枠を越えていますよね。だから、ハマり過ぎて会社をクビになる恐れもあるわけですよ。それだけの時間を費やしているんだから。でも、世の中にはそれくらい好きな人もいるんですよね。

――そういう意味では、F1ドライバーになりたいけど、まだ免許を取得できない中学生や高校生がF1の世界を体験するのに最適ですよね。

片山 絶対にやったほうがいい! F1ドライバーもまずシミュレーターをプレイして、レースのための学習と言うか、マシンがぶつかり過ぎたり、寄せ合ったりする部分をちゃんと学んで、安全にレースを行えるようにしてほしいですね。

――さきほど、「AIの精度が違う」と話されていましたが、本作ではだいぶ向上しているということでしょうか?

片山 ブラインドスポット(側方、後方などの見えない位置)に対しても意外に忠実でしたね。後ろからイン側に入ってくると画面に矢印が出てくれて、そこはゲームのやさしさが出ているけど、入ってきている、押されているっていうのをリアルに感じたから、AIの精度はかなり進化していると思います。

――見えていなくても、インのこのあたりにいるから、あまり絞めるとぶつかるなという感覚があるということですか?

片山 そうですね。ちゃんと1車線開けないと、番組でのプレイのようにぶつけられてしまうからね。最初は、「ゲームだから寄せられても大丈夫だろう」って思っていたんだけど、ベッテル(※)が引かなくて(笑)。きっと、ドライバーの性格もAIに設定していると思うんですよ。だから、よりおもしろくなったなと感じました。
※セバスチャン・ベッテル

――AIのほかにも、フロントのウィングが取れたときに「ダウンフォース(※)が抜けて、ハンドルが軽くなった」と番組で話されていましたが、そういったこともリアルに再現されているんですね。
※走行するマシンに対し、空力によって発生する負の揚力。

片山 奢った言いかたになってしまうけど、ほかのレースゲームと目的やこだわりかたが違うから、レース経験者じゃないとわからない細かな進化は多いと思います。

――ほかのマシンからの圧と言いますか、プレッシャーみたいなものも、レースドライバーでないとわからないかもしれませんね。

片山 そこまでやるかっていう(笑)。

――ここまで進化すると、『F1 2017』ではどうなってしまうと思いますか?

片山 タイヤの摩耗を演算しているように、このドライバーはいまここにいて、こういう状況だからこう動くだろうっていうAIの技術がもっと進むかもしれませんね。すでに『F1 2016』でも人(プレイヤー)を熱くさせるようなレースが味わえるから、これ以上進化すると困っちゃうけど、楽しみでもありますね。

【バックナンバー】
・『F1 2016』の魅力を語る【第1回:ばしを】――“キャリアモード”の復活でF1ドライバーのバトルをよりリアルに追体験
・『F1 2016』の魅力を語る【第2回:座談会】――レースゲームはここまで進化した
・『F1 2016』の魅力を語る【第3回:座談会】――細かな演出が追加されてよりリアルに

F1 2016
メーカー:ユービーアイソフト
対応機種:プレイステーション4 / Xbox One
発売日:2016年9月8日発売予定
価格:各7980円[税抜](各8618円[税込])
ジャンル:レース



F1 2016 Game - an official product of the FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP. (C) 2016 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters”(R), “EGO”(R) and the Codemasters logo are registered trade marks owned by Codemasters.

The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company. Licensed by Formula One World Championship Limited. (C)Key art driver images 2016, licensed by Formula One World Championship Limited. All rights reserved.

All other copyrights or trade marks are the property of their respective owners and are being used under license. Developed and published by Codemasters.

Published and distributed in Japan and Asia (excluding mainland China) by UBISOFT Entertainment under license from Codemasters. UBISOFT and the UBISOFT logo are trademarks of UBISOFT Entertainment in the US and/or other countries.
※画面は開発中のものです。

最終更新:9月6日(火)17時2分

ファミ通.com