ここから本文です

ソフトバンク、ARMの買収を完了 ARMは上場廃止

ITmedia ニュース 9月6日(火)7時44分配信

 ソフトバンクグループは9月5日(グリニッジ標準時)、英ARM Holdings(以下「ARM」)の買収を完了したと発表した。総額約240億ポンド(約3.3兆円)で、ARMのすべての株式(ソフトバンクおよびその子会社の保有分を除く)を現金で取得した。

ARM買収について説明する孫正義氏

 同社は7月にこの買収を明らかにした。ソフトバンクの孫正義社長は、「今回の投資の目的はIoTがもたらす非常に重要なチャンスをつかむことにあり、ARMは、当社グループの戦略において重要な役割を果たしていく」とし、向こう5年間で英国におけるARMの従業員数を少なくとも倍増させ、ソフトバンクグループ内において独立した企業として、現在と同じく英国ケンブリッジを本拠地とすると説明した。

 ARMは6日付でロンドン証券取引所における上場を廃止し、ソフトバンクグループの100%子会社になる。

最終更新:9月6日(火)7時44分

ITmedia ニュース