ここから本文です

“2億ポンドの男”が3年以内に誕生? 敏腕代理人ライオラ氏「おそらくブラジル人」

ISM 9月6日(火)17時7分配信

 マンチェスターU(イングランド)FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、MFポール・ポグバなどを顧客に抱える敏腕代理人ミノ・ライオラ氏が、今後数年以内に、移籍金2億ポンド(約276億円)の選手が出現する可能性があるとの見解を示した。複数の英メディアが現地時間5日に伝えている。

 移籍金の高騰が続いている、近年の欧州サッカー界。とりわけイングランド・プレミアリーグではその傾向が顕著に表れており、今夏の投資額の合計は初の10億ポンド(約1355億円)超えと、大盛況だった。なかでも、ライオラ氏の顧客であるポグバ(ユヴェントス→マンU)の移籍金は推定8900万ポンド(約118億4000万円)と史上最高額を記録し、話題をさらった。

 そのビッグディールを成立させたライオラ氏は、ラジオ『talkSPORT』のインタビューで「現在の経済発展、とりわけプレミアリーグのそれを踏まえて考えれば、2億ポンドの取引を目にするのは、遠い未来の話ではない。3年か4年以内ではないか。おそらく、ブラジル人になるだろう。彼らは特別なものをもたらしてくれる存在だからね。ネイマール二世や新たなメッシのような神童が、間違いなく2万ポンド(の移籍金)になるだろう。私はそれが2、3年以内に起こる可能性もあると考えている」と語っている。

最終更新:9月6日(火)17時8分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。