ここから本文です

Wi-Fiカメラを搭載し、運転士&乗客気分が味わえるプラレール

アスキー 9月6日(火)18時15分配信

タカラトミーは9月6日、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を発表した。

 タカラトミーは9月6日、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」を発表した。
 
 本体に、運転士目線の「運転士カメラ」と、乗客目線の「車窓カメラ」の2台のカメラを搭載。カメラの映像はWi-Fi経由でスマートフォンに転送でき、スマートフォン向けの専用アプリ「スマホで運転!ダブルカメラドクターイエロー」から閲覧できる。また録画も可能で、録画された映像はSNSなどで共有することも可能だ。
 
 アプリは本体の操作にも対応。「バック」「とまる」「はやい」「おそい」をディスプレー上に表示されるレバーで切り替えられる。アプリの価格は無料。対応OSはiOSおよびAndroid(開発中につき、バージョン情報などは現時点で不明)。
 
 同社は「プラレール運転席からの映像を見ながら運転するというユーザーの夢を叶えるべく開発した」とコメントする。10月13日から全国の玩具専門店や百貨店、量販店、インターネットショップなどを通じて販売する。希望小売価格は1万2960円。
 
 
文● 貝塚/ASCII

最終更新:9月6日(火)18時15分

アスキー