ここから本文です

小倉氏、巨泉さんのお骨の重さに驚く

デイリースポーツ 9月6日(火)9時56分配信

 キャスターの小倉智昭氏(69)が6日、フジテレビ系「とくダネ!」で、5日に都内で行われた大橋巨泉さん(享年82歳)のお別れ会と偲ぶパーティーを振り返った。小倉キャスターは、偲ぶパーティーで司会を担当し、お世話になった大恩人最後の晴れ舞台を無事に務め上げていた。

 番組では、巨泉さんの偲ぶパーティーを特集。豪華なジャズの演奏や、著名人のお別れの言葉などがVTRで流れたあと、小倉キャスターは巨泉さんの妻・寿々子さんから、骨壺を持たせてもらったエピソードを披露した。

 「奥さんは(偲ぶ会で)一番前のテーブルに座ってらして、いつもお骨と一緒だったんです。(骨壺は)漆器でできた花柄のきれいなやつでね、『持ってやって』と言われてパーティーの最後に持たせてもらったんです」。小倉キャスターは、そのお骨の重さにビックリしたという。

 「巨泉さんはものすごく骨太で、がっちりしていてね。がんにならなければ100歳まで生きたと思うと奥さんもおっしゃっていた」と、お骨となっても圧倒的な存在感を持っていたことを明かしていた。

最終更新:9月6日(火)11時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。