ここから本文です

長谷川博己「リッツ」新CM出演 「リッツ・パーティー」を継承

東スポWeb 9月6日(火)14時34分配信

 俳優の大森南朋(44)と長谷川博己(39)が6日、都内で行われた菓子「オレオ」「リッツ」の新CM完成披露イベントに出席した。CMは12日から全国で放映される。

 2人は秋田名物のいぶりがっことクリームチーズを載せたリッツを試食。大森は「合います。おいしい!」と笑顔を見せ、長谷川は「ボーノ!」とCM同様にイタリア語でおいしさを表現した。

「ナビスコ」ブランドの菓子「リッツ」「オレオ」「プレミアム」は、これまで山崎製パンの子会社ヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)から発売され親しまれていたが、米モンデリーズとの商標契約が8月末で切れ、9月からモンデリーズ・ジャパンから発売される。

 同社のワールドワイドなネットワークを活用し、生産国は中国、インドネシア、イタリアなどになった。特にインドネシア製のリッツには、消費者の嗜好の変化に合わせて同社の手で大幅な変更が加えられており、軽くカリッとした食感が特徴だ。

 そのリッツといえば、28年間CMに出演していた女優の沢口靖子(51)がCM中で主催する「リッツ・パーティー」が有名だったが、今後は長谷川がパーティーの主催者になる。かつて熱愛を報じられた鈴木京香(48)は招かれるのだろうか。

 なお、沢口は9月からヤマザキビスケットの菓子「ルヴァン」のCMに出演。同社の“顔”として続投している。

最終更新:9月6日(火)14時43分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。