ここから本文です

県危機管理センター28日に運用開始

福島民報 9月6日(火)11時10分配信

 福島県が県庁北庁舎に整備している県危機管理センターは28日に運用を開始する。大規模災害時には災害対策本部を設け、普段は映像やパネルを活用し、県民に防災教育の場を提供する。廃炉安全確保県民会議で県が示した。
 同センターは北庁舎2、3階に置く。災害時は国や消防、警察など関係機関と連携して被害情報などを集約。迅速で的確な応急対策につなげる。普段は児童・生徒や自治会などを対象に施設見学を受け入れる。映像やパネル、防災グッズなどを並べた見学コースを設けるほか、災害への日頃の備え、東日本大震災の教訓などをテーマにした防災講座を開講する。
 見学は29日から。平日午前9時から午後4時までで、事前申し込みが必要。
 問い合わせは県危機管理課 電話024(521)8651へ。

福島民報社

最終更新:9月6日(火)12時3分

福島民報