ここから本文です

「スタジオジブリ総選挙」1位は「千と千尋の神隠し」 9月10日から全国5劇場で上映開始

ねとらぼ 9/6(火) 9:16配信

 これまでのスタジオジブリ長編映画の中から、最も投票数の多かった1作品を劇場上映する「スタジオジブリ総選挙」の結果が発表。1位に輝いたのは「千と千尋の神隠し」となりました。

【9月17日には最新作「レッドタートル ある島の物語」が公開】

 2001年に公開された「千と千尋の神隠し」は、観客動員数2380万人、映画興行収入歴代1位となる308億円を記録しています(日本映画製作者連盟の発表)。なお中間発表では、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の5作品が上位と発表されていました。

 映画は9月10~16日までの1週間、「札幌シネマフロンティア」「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」「TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ」「TOHOシネマズ 梅田」「TOHOシネマズ 天神」の5劇場で上映されます。

最終更新:9/6(火) 9:16

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]