ここから本文です

秋葉原にホビーショップ「コトブキヤ」新店舗 初の駅ナカ /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)12時0分配信

 壽屋(立川市)が9月中旬、JR秋葉原駅総武線5番線ホームに新店舗を出店する。(アキバ経済新聞)

 フィギュア、プラモデルメーカーの同社。これまで、同社製品をはじめ他社のキャラクターグッズや雑貨などを販売する「コトブキヤ」直営店を立川本店、秋葉原館、日本橋、オンラインショップの4店舗展開してきた。

 秋葉原では同社店舗「コトブキヤ」3号店として1999年、中央通り沿いのビルの7階に出店。次いで2004年6月、秋葉原ラジオ会館に進出した後、2006年12月には同館1階に増床。2008年1月、先に出店していた秋葉原店をラジオ会館店と統合のため閉店。2009年3月、ラジオ会館2階に同社ブランドに特化したショップ兼ショールームを開設。2011年7月にはラジオ会館の老朽化による建て替えのための閉館を控え、同館に出店中の店舗を閉店。7月に現在の秋葉原館を開業した。

 同社は5店舗目となる新店舗をJR秋葉原駅の総武線5番線ホーム(御茶ノ水、新宿方面行)に出店。同社初の駅ナカ店舗となる。店内では同社製品のほか、気軽に購入できる雑貨商材などをラインアップし、立ち寄りやすい便利な店作りを目指すという。

 営業時間は10時~21時を予定。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)12時0分

みんなの経済新聞ネットワーク

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。