ここから本文です

<家売るオンナ>北川景子主演ドラマ第9話 二世帯住宅を売る!

まんたんウェブ 9月7日(水)12時0分配信

 北川景子さん主演の「家売るオンナ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が7日に放送される。第9話では、「私に売れない家はない」と豪語する北川さん演じるスーパー営業ウーマンの三軒家万智が、別々に家を探している親夫婦と息子夫婦に二世帯住宅を売ろうと動く。

【写真特集】北川景子、セクシードレスで肩あらわに

 「家売るオンナ」は、「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にでも必ず家を買わせてしまう万智の姿を描く。

 第9話では、部下の庭野聖司(工藤阿須加さん)や足立聡(千葉雄大さん)らがそれぞれ家探しを担当している客が、実は同じ「雨宮」という名字で親子だったことが分かり、万智はその親夫婦と息子夫婦をくっつけて二世帯住宅を売ると宣言する。だが、雨宮家の姑(しゅうと)・智代(鷲尾真知子さん)と嫁・礼(MEGUMIさん)は犬猿の仲だった。並行して、万智はナイジェリア人のビクトル(星野ルネさん)からも恋人と住むための家探しを頼まれていたが、実はビクトルの恋人は雨宮家の結婚できない長女・波留(八木優子さん)だった……。

最終更新:9月7日(水)23時6分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。