ここから本文です

西城秀樹、「車イス」から壮絶リハビリ耐えて念願のハワイ家族旅行を実現

スポーツ報知 9月6日(火)9時46分配信

 脳梗塞からリハビリを続けている歌手の西城秀樹(61)が8月にハワイ旅行したときの家族ビデオを、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)が6日に放送した。

 同局ではこれまでも西城のリハビリの様子を放送。今年デビュー45周年を迎えた西城が「夏休みに子どもをハワイに連れて行ってやりたい」と語る姿を伝えてきたが、壮絶なリハビリに耐え、念願叶って常夏の島へ家族で訪れたことを伝えた。

 家族が番組に提供したホームビデオでは、ホテルのプールサイドなどで過ごす西城の姿が収められていた。その中には子どもたちに手を引かれ、プールの中をゆっくりと歩く様子も。愛息たちから「ありがとう」とハワイに一緒に行けたことを感謝されると、西城は穏やかな表情を浮かべていた。リハビリを耐えたことで実現した家族旅行。感想について西城は「まあまあ」と照れながら答えていた。

 番組によると、これまでも旅行をすることはあったが、その際は車イスだったという。今回はリハビリを重ねた甲斐もあり、歩くことができた。ただ、その分疲れもたまったようで、リハビリよりもきつかったと振り返っていたことも紹介していた。

最終更新:9月6日(火)10時26分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。