ここから本文です

外苑前「世界の朝食」レストランでモンゴルの朝食 羊肉の「チャナサン・マフ」など /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月6日(火)12時19分配信

 青山キラー通りにある「世界の朝食」を提供するカフェレストラン「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)」(渋谷区神宮前3、TEL 03-3401-0815)が9月6日、モンゴルの朝食の提供を始めた。(シブヤ経済新聞)

 2013年のオープン以降、「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトに掲げ、2カ月ごとに1つの国をフィーチャーし朝食を提供している同店。21カ国・地域目として焦点を当てるのは、国土の5分の4が草原で、世界で最も人口密度の低いモンゴル国。夏は「赤い食べ物」と呼ぶ肉、冬は「白い食べ物」と呼ぶ乳製品を食べるのが伝統で、中国やソ連の影響で小麦粉や野菜、マヨネーズを食べるようになったという。

 メインメニューは、ミルクで作る乳製品「ウルム」を付けて食べる甘くない揚げドーナツのような「ボルツォク」、無発酵の薄焼きパン「ガンビル」と一緒に食べる羊の骨付き肉を塩ゆでした「チャナサン・マフ」、ソ連の食文化の影響で食べられるようになったポテトサラダ「トムスニーサラート」、植物「チャッツルガン」のソースをかけるヨーグルト「タグル」などのプレート(1,620円)。

 そのほか、羊肉を包む揚げギョーザのような「ホーショール」(216円)、カッテージチーズで作るナッツやレーズン入りのレアチーズケーキ「パスハ」(518円)、塩味のミルクティー「スーテーツァイ」(626円)などもそろえる。

 営業時間は7時30分~20時。10月30日まで。期間中はモンゴルに関するワークショップなども予定する。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月6日(火)12時19分

みんなの経済新聞ネットワーク