ここから本文です

ハイト眞露のビール「Cream 生MAX」、10年間で40億本突破=韓国

WoW!Korea 9月6日(火)13時53分配信

ハイト眞露はビール「Cream 生 All Malt MAX」のこれまで10年の累積販売量が40億本(330ml基準)を突破したと6日、明らかにした。

 「MAX」はハイト眞露が2006年9月に韓国国内で初披露したAll Maltビールで、今月発売10周年を迎えた。

 発売後から昨年まで36億本を販売した「MAX」はことし8月まで4億1000万本を売上げ、10年で40億本を突破したと集計された。

 特に発売初年度である2006年には4か月で4000万本が販売されたのに留まったが、4年で年平均販売量4億5000万本を記録する主力製品として位置づけた。

 製造会社側は「MAX」の成功要因に“クリーミーな泡”を挙げている。「MAX」の場合、長い間持続するクリーミーな泡が風味を守る役割をしており多くの消費者らが好むという説明だ。

最終更新:9月6日(火)13時53分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。