ここから本文です

JR東日本、田町~品川間の新駅は「折り紙」…本開業は2024年に

レスポンス 9月6日(火)16時17分配信

JR東日本は9月6日、山手線・京浜東北線の田町~品川間(東京都港区)に設ける品川新駅(仮称)のデザインなどを発表した。9月から準備工事に着手し、2020年春の暫定開業、2024年頃の本開業を目指す。

[関連写真]

新駅は車両基地の縮小によって創出された再開発地区の最寄駅として計画された。隣の駅からの距離は、田町駅から約1.3km、品川駅から約0.9km。島式ホーム2面4線の構造で、山手線と京浜東北線の電車が停車する。

JR東日本は2014年6月、新駅の整備を発表。2020年の東京オリンピック開催にあわせて暫定開業するとしていた。今回の発表では暫定開業の時期を2020年春とし、再開発地区の街開きにあわせて2024年頃に本開業するとした。

発表によると、新駅は「国際交流拠点となる街の中核施設」と位置付け、「日本の魅力を発信」していくデザインでまとめる。渋谷駅や宝積寺駅などの設計を手掛けた隈研吾さんをデザインアーキテクトとし、2014年から設計作業を進めてきた。

構造は鉄骨造り(一部は鉄筋コンクリート造り)で地上3階・地下1階。建物の高さは約30mになる。また、約110m×35mの大屋根と約50m×20mの吹抜けを設ける。大屋根は折り紙をモチーフとし、障子をイメージした膜や木などの素材を活用。膜屋根をランダムに折ることで「駅の多様な表情」を生み出すという。大屋根に使用する膜材は日射反射率の高いものを使用。消雪用散水機能を活用した打水効果で膜表面の温度を下げ、夏場のコンコース内の温度上昇を抑える。

また、駅舎の東西には大きなガラス面を設ける。これにより「駅と街を一体的な空間として感じて頂ける『エキマチ一体』」を実現するという。

ホームには可動式ホーム柵を設置。エレベーターは各ホームごとに2基設ける。このうち1基は18人乗りで、もう1基は24人乗りになる。エスカレーターも各ホームに4基設ける。このほか、改札内のコンコースには車両基地を見渡すことができるイベント用スペースも設ける。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9月6日(火)16時17分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]