ここから本文です

アニメ「境界のRINNE」杏珠役は釘宮理恵、9月17日放送回より登場

コミックナタリー 9月6日(火)15時45分配信

高橋留美子原作によるアニメ「境界のRINNE」の新キャストが発表された。杏珠役を釘宮理恵が務める。

【この記事の関連画像をもっと見る】

杏珠は沫悟のクラスメートで、沫悟に片思いをしている高飛車な女子。杏珠は9月17日放送の第49話から登場する。釘宮は「杏珠は、『るーみっくわーるど』特有の、なんとも表現しえない独特な個性と世界観を持ったキャラクターなので、台詞ごとに楽しんで演じさせていただいています!」と意気込んでいる。アニメ「境界のRINNE」はNHK Eテレにて、毎週土曜日17時半にオンエア。

釘宮理恵(杏珠役)コメント
大好きな高橋留美子先生の作品への出演ということで、決まった時にはとても嬉しく、頑張ろうと思いました!
杏珠は、「るーみっくわーるど」特有の、なんとも表現しえない独特な個性と世界観を持ったキャラクターなので、台詞ごとに楽しんで演じさせていただいています!
出番はもうすぐなので、ぜひお楽しみに…!

(c)高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro

最終更新:9月6日(火)15時45分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。