ここから本文です

韓国産ビールの輸出額 昨年は15%増で過去最高

聯合ニュース 9月6日(火)14時44分配信

【世宗聯合ニュース】韓国関税庁によると、昨年のビール輸出額は前年比15.4%増の8446万ドル(87億5500万円)に上り過去最高を記録した。

 ビールの輸出量は2013年の9377万リットルから昨年は1億731万リットルと14.4%増えた。

 高価格ビールの輸出が増加しているため、平均輸出価格は同期間に1リットル当たり0.77ドルから0.79ドルに上昇した。

 かつては夏を控えた時期に輸出実績が相対的に高くなったが、最近では季節を問わずビールが輸出されている。

 ビールの輸出が伸びていることについて、関税庁は韓国産ビールが好まれる傾向が強まっているためと説明した。

 韓国産ビールの輸出先は香港が最も多く、昨年は約3500万ドルと全体の41.6%を占めた。香港は2000年から韓国産ビールの輸出先トップを維持している。

 2位は中国で全体の22.9%を占め、毎年輸出額が2桁の伸びを見せている。

 次いで、イラク(8.6%)、シンガポール(8.0%)、米国(4.4%)の順。

 また、ベトナムへの輸出が急増している。ベトナムへの輸出額は13年の約1万1000ドルから昨年は約42万7000ドルに増加した。

 同庁は「各国の消費者の好みに合わせた韓国企業の戦略が功を奏した。フライドチキンとともにビールを楽しむ韓国の文化が広まっていることから、当面はビール輸出の増加傾向が続くだろう」と予想した。

最終更新:9月6日(火)15時13分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。