ここから本文です

ドルは103円半ばで上値重い、日銀緩和への思惑が後退

ロイター 9月6日(火)12時30分配信

[東京 6日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ややドル高/円安の103.47/49円だった。朝方から日銀緩和への根強い思惑を背景に、103円後半にじりじりと値を持ち直す動きが見られたが、日銀は米連邦公開市場委員会(FOMC)前の追加緩和は控えるべきとする浜田宏一内閣官房参与の発言が一部で報じられたことで、早期追加緩和への思惑が後退して下落。午前の上昇分を返上した。

ドル/円は朝方からじりじりと値を持ち直し、一時103.81円に上昇した。市場では「日銀の黒田東彦総裁の講演を経て追加緩和への思惑がいくらか剥落したとはいえ、売り過ぎとの見方から、足元では買い戻す動きもあるようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

ただ、正午前に一部報道で浜田内閣官房参与が「日銀はFOMC前の追加緩和は控えるべき」との認識を示したと伝わり、ドル/円は103円後半から一時103.37円に急落。その後、103円半ばへと、やや持ち直したが「早期の追加緩和への思惑が後退した」といい、上値は重い。

一方、きょう発表される米ISM非製造業景気指数をめぐっては「製造業に続いて非製造業も振るわないとなれば、早期利上げの思惑が大きく後退しかねない」(国内金融機関)と、警戒する向きもある。

最終更新:9月6日(火)12時30分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]