ここから本文です

<加湿器殺菌剤事件>“オキシー報告書操作問題”湖西大教授に懲役2年を求刑=韓国

WoW!Korea 9月6日(火)14時45分配信

オキシー・レキット・ベンキーザー(オキシー)から金を受け取り、有利にはたらくよう実験結果を操作した容疑で裁判にかけられた湖西大学のユ某教授(61)に検察が懲役2年を求刑した。

 ソウル中央地裁で6日に開かれたユ教授に対する結審公判で検察は「いまだ自分の責任を認めず反省していない」とし、このように求刑した。

 検察は「ユ教授は研究の責任者として、オキシーに有利な報告書を作成した」とし「自身の専門的な知識を利用してオキシーのため、政府の実験結果批判を主導し、対応戦略を誘導した」と指摘した。

 続けて「ユ教授の犯行は、取引の品位や研究倫理を侵害したもので非常に重大な犯罪」とし「加湿器殺菌剤事件で製造会社だけでなく、ユ教授の過ちを明白に明らかにし、今後このような悪習が繰り返されないよう、厳重な責任を問うべきだ」と強調した。

 これに対しユ教授の弁護人は「捜査記録を5回読んだが、不正な請託があったと認める直接的な証拠が出ていない」と主張した。

最終更新:9月6日(火)14時45分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。