ここから本文です

フィリピンで今年初のジカ熱感染確認、国内感染の可能性

ロイター 9月6日(火)12時42分配信

[マニラ 5日 ロイター] - フィリピン保健省は5日、ジカ熱の感染例が今年初めて確認されたと発表した。国内で感染した「可能性が高い」ことから、感染者はさらに増える見通しだという。

同省の報道官によると、感染が確認されたのは、同国中部イロイロ市に住む女性(45)。妊娠しておらず、自宅で回復に向かっている。

この女性には過去2週間にジカ熱の感染国への渡航歴がなく、国内で感染した可能性が高いという。

フィリピンでは2012年、中部セブ島で10代の少年への

ジカ熱感染が初めて確認された。ほかに、外国人4人も感染している。

最終更新:9月6日(火)12時53分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。