ここから本文です

【K―1 WORLD GP】上原が“日本人1強”証明へ

東スポWeb 9月6日(火)16時32分配信

「K―1 WORLD GP 2016」(19日、東京・代々木競技場第二体育館)でKOICHI(35)と対戦する上原誠(31)が5日、所属の士魂村上塾で公開練習を行った。

「順調に来ている。こんなところで負けていたら世界に通用しないという思いもある」と話した上原は、その自信を証明するように激しいミット打ちを披露した。とはいえ相手のKOICHIも相当な実力者だ。ここまで30勝9敗1分けで複数の日本タイトルを獲得。それだけにこの一戦は「ヘビー級日本一決定戦」と位置づけられている。

 だが上原は「負けたほうが2位。この試合で圧倒的な力の差で勝って、1位と2位の差を見せつけますよ」と言い切った。この発言には、上原の活躍を受けてK―1でヘビー級GP復活が検討され始めたことが影響している。

 上原は「トーナメントをやるにしても、日本代表決定トーナメントはいらないですよ。僕でいいです」と丁寧な言葉遣いとは裏腹な要求。その上で「今度の試合でヘビー級GP開催を決定づける試合にしつつ、日本代表決定トーナメントが必要ないことを見せつけます」と断言した。

 K―1初参戦からインパクトを残してきた上原。このままその思惑通り“予選免除”の切符を手にできるか。

最終更新:9月6日(火)17時2分

東スポWeb