ここから本文です

【アウディ A4オールロード 新型】新開発のクワトロシステムを標準装備

レスポンス 9月6日(火)18時45分配信

アウディジャパンは、クロスオーバーモデル『A4オールロード クワトロ』をフルモデルチェンジし、9月6日より販売を開始した。

[関連写真]

新型A4オールロードは、ベースとなったA4アバントに対しグラウンドクリアランスを30mm拡大。全高が高くなったことに加えて、力強く張り出したホイールアーチ、クローム仕上げの垂直ルーバーを配したシングルフレームグリル、サテライトシルバーで仕上げたアンダーボディプロテクション/リヤディフューザーなど、オールロード特有のデザインにより、スタイリッシュな存在感を演出している。またラゲージルーム容量は、従来型より拡大した505~1510リットルを確保。広くて快適なパッセンジャーコンパートメントと併せて、ユーティリティの面でもオールラウンドな資質を備えたクルマに仕上げている。

パワートレーンは最高出力を従来比28psアップの252psとした2リットル直噴ターボエンジンと7速Sトロニックの組み合わせ。車両重量は従来型比90kg削減し、燃費効率も約9%改善している。またクワトロシステムは、100%前輪駆動で走行できる新開発の「ウルトラテクノロジー」を初導入し、走行状況に応じたインテリジェントな4WD制御を実現。さらにアウディドライブセレクトに新たにオフロードモードを設定し、悪路での運転性能も高めた。

安全装備では、衝突予防システム「アウディプレセンスシティ」のほか、衝突時の乗員保護能力を高める「アウディプレセンスベーシック」、車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」などを全モデルに標準装備。また、「アダプティブクルーズコントロール」には、渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも必要な介入を行ってドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能を追加した。

また12.3インチ多機能ディスプレイシステム「アウディ バーチャルコックピット」をA4オールロードシリーズとして初めてオプション設定。アウディコネクトのモジュールを標準で搭載しており、LTEの高速通信を介して、アウディ独自のオンラインサービスを利用できるほか、付属機能のWi-Fiホットスポットでは、最大8台のモバイル端末を同時にインターネットに接続できる。

価格は658万円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月6日(火)18時45分

レスポンス