ここから本文です

小林麻耶 妹・麻央の優しさ、強さに「ありがとう」…姉妹の絆

デイリースポーツ 9/6(火) 16:22配信

 フリーアナウンサーの小林麻耶(37)が6日、自身のブログを更新し、自身への多数の励ましのメッセージに感謝するとともに、乳がんで闘病中の妹、小林麻央(34)の優しさ、強さを改めて感じていることを明かし、「まおちゃん、ありがとう」と伝えた。

 麻耶は4日に更新したブログで、「妹と比べたら大したことない。だから弱音を吐かず頑張る」と頑張りすぎたことで、精神のバランスが崩れ、体調不良になったことを明かしていた。

 この日のブログでは多数のメッセージを読み、「弱音を吐くということは恥ずかしいことでも、相手に迷惑をかけることでもなく、自分を救うことになるんだと、気づきました」と明かした。

 そして「どこかで...私は大丈夫。だって、妹は、すぐによくなるから!と、思っていました。あの頃、私は、病と向き合いきれてなかったのだと今になって思います。長いたたかいになるなんて、想像もしたくなかったし、すぐよくなるって、強く信じてた。でも、そんなに簡単なことではありませんでした」と妹を襲ったがんに、真正面から向き合うことが困難だったことなどをつづった。

 ブログでは改めて「妹の病ときちんと向き合い、目を背けず、家族一丸となって、これからも支え合っていきたいと、思っています。」と決意を示し、「こんな状況なのに、姉の私より、頼り甲斐があって、しっかりしていて、いつも優しくて笑顔の妹を心から尊敬しています。まおちゃん、ありがとう。」と最愛の妹にメッセージを送った。

 一方、麻央は5日のブログで「私の幸運のひとつは、姉の妹に生まれたことだと思っている」と記述。麻耶が「『頼りになる姉』であろうと、精一杯頑張ってくれた!」こと、治療について一緒に説明を受けた際は自分以上に怖がったことなどを明かした。そして「『本人が一番つらいのだから』というのは単純だけれど まわりもつらいのは一緒」と支える家族の思いにも言及し、「姉は、日々私の感情に寄り添い、私以上に感じてしまっていることを知った」と姉妹の絆を感じさせる文章をつづっていた。

最終更新:9/6(火) 17:11

デイリースポーツ