ここから本文です

英国、駐イラン大使を5年ぶりに任命

ロイター 9月6日(火)14時30分配信

[ロンドン 5日 ロイター] - 英国は5日、駐イラン大使にニコラス・ホプトン氏を任命した。駐イラン大使の任命は、テヘランの英大使館が襲撃事件で閉鎖された2011年以来、5年ぶりとなる。大使館は、昨年再開された。

ホプトン氏は、駐カタールおよびイエメン大使を務めた経験を持つ。

ジョンソン外相は声明を発表し「外交関係の格上げにより、さまざまな課題についての協議を進展させる好機が生まれる」と強調。

さらに「これがより生産的な両国間協力の始まりとなり、人権問題や、地域におけるイランの役割などの議題について、より直接的な協議が可能となるよう期待している」と述べた。

最終更新:9月6日(火)14時30分

ロイター