ここから本文です

卓球・水谷隼が映画イベント登場“ノーパン派”も「今日は履いてまーす」

東スポWeb 9月6日(火)18時18分配信

 リオデジャネイロ五輪卓球男子シングルス銅メダル、団体銀メダルの水谷隼(27=ビーコン・ラボ)と競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(22=JSS毛呂山)、男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人(21=早大)が6日、都内の六本木ヒルズで行われた映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(12月16日公開)のイベントに参加。仲間とともに不可能なミッションに挑む姿を描いたストーリーにちなみ、リオ五輪で仲間と団結して力を発揮した3人が登場した。

 試合中だけでなく、普段もパンツを履かないという水谷は「今日はパンツ履いてまーす。安心してくださーい」と告白。チーム力については、団体準決勝のドイツ戦で1勝15敗の相手に勝利したことに触れ「団体だと力を引き出せる」と力説した。

最終更新:9月6日(火)18時23分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。