ここから本文です

『ブレイブルー セントラルフィクション』関東で指折りの有力候補が予選通過! 東京エリア予選大会リポート【闘神祭2016】

ファミ通.com 9/6(火) 21:02配信

●関東で指折りの有力候補が予選通過!
 2016年9月4日、東京都新宿のゲームセンター“新宿スポーツランド本館”にて、アーケード格闘ゲーム大型イベント“闘神祭2016”の、『ブレイブルーセントラルフィクション』(以下、『BBCF』)部門の予選大会が実施された。東京エリア代表チームを決定した戦いの模様をリポートする。


 “闘神祭2016”はタイトーが主催するアーケード格闘ゲーム複数タイトルの全国大会だ。2016年7月~9月にかけて全国のゲームセンターで予選大会が開催され、全国各エリアの代表選手を選出。代表選手たちは2016年10月15日に東京で実施される全国決勝大会に出場し、全国制覇を争う。『BBCF』部門は2on2チーム戦のレギュレーションを採用。選手はふたり1組でチームを組み、チームどうしの勝ち抜き戦で勝敗を競う。
 今回取材した新宿スポーツランド本館では、店舗代表チームを決める店舗予選と、新宿を含む東京エリアを代表する決勝大会出場チームを決めるエリア決勝が実施された。同店は3階がビデオゲームフロアになっており、毎週水曜日には『BBCF』平日大会を実施するなど格闘ゲームに力を入れているお店。同店をホームゲーセンにしているプレイヤーが多く、店舗予選には普段から同店で対戦しているプレイヤーを中心に17チーム34名の選手が参加した。
 店舗予選はトーナメント形式で実施。決勝戦にはテツヲ選手(レイチェル)&いさ選手(カルル)チームと、吉音選手(アラクネ)&船長選手(ナイン)チームが進出した。テツヲ選手&いさ選手は今まで何度も予選に挑戦し、エリア決勝まで進出することが多いながらあと一歩のところで予選突破を逃してきたチーム。今回は準決勝で追い詰められる場面がありながらもテツヲ選手がギリギリ踏ん張って決勝にたどり着き、決勝戦ではいさ選手が吉音選手と船長選手を撃破して優勝。東京エリア最後となるエリア決勝に駒を進めた。

●エリア決勝
 店舗予選の後、新宿スポーツランド本館を含むエリアの別店舗で店舗代表権を獲得していたチームが加わり、全国決勝大会出場権をかけたエリア決勝が実施。出場チームは以下のメンバーだ。

・【ゆった信者】こなん選手(ツバキ)&VER選手(アラクネ)
プレイロットジョイ代表チーム。

・【アンツィオ高校ドゥーエ】アンチョビ選手(イザナミ)&カルパッチョ選手(レイチェル)
中野TRF代表チーム。

・【頭文字D】うる選手(ラグナ)&ふっくー選手(バング)
タイトーステーションBIGBOX高田馬場代表チーム。

・【メンタル×】いさ選手(カルル)&テツヲ選手(レイチェル)
新宿スポーツランド本館代表チーム。


 エリア決勝は4チームによるトーナメント戦のレギュレーションを採用。大会筐体は1台が使用され、全試合を来場者全員で観戦しつつ進行した。1回戦第1試合では【メンタル×】が【アンツィオ高校ドゥーエ】に勝利、1回戦第2試合では【ゆった信者】が【頭文字D】に勝利。決勝戦は、当日の店舗予選を突破して勢いに乗る【メンタル×】対、古参のツバキ使い・こなん選手&千葉の強豪アラクネ使い・VER選手の【ゆった信者】の組み合わせとなった。

 決勝戦の先鋒戦、【メンタル×】はテツヲ選手を起用し、【ゆった信者】はこなん選手を選択。この試合ではテツヲ選手がツバキの攻めを的確にいなす防御テクニックを駆使。被弾を最小限に抑えるローリスクな戦法を活かしてテツヲ選手が勝利する。続いてはテツヲ選手対VER選手。遠距離から強力な飛び道具で攻めるレイチェルに対し、アラクネはレイチェルの対空攻撃を意識して攻めあぐねる展開となる。試合のペースを終始レイチェルが握ったままアラクネの体力を奪い、優勢を維持したままレイチェルが勝利.
東京エリア最後の枠はテツヲ選手&いさ選手が獲得した。

●優勝チームコメント
――優勝おめでとうございます! いまの率直な気持ちはいかがですか?

いさ選手 チームメイトが勝ってくれるとこんなにうれしいんですね!

テツヲ選手 予選期間中はお互い勝てない時期があったのですが、今日はふたりとも動けて、お互いをカバーしつつ優勝できたのでよかったです。

――予選を振り返ってみての感想はいかがでしょうか?

テツヲ選手 予選は本当に苦労した、という思いですね。

いさ選手 今回は予選を突破できる気がしないレベルで不安でした。何度も店舗予選やエリア決勝で負けたのですが、そのたびに知り合いから「また店舗予選で当たるの!」など言われてプレッシャーでしたよ(笑)。

――勝因は何だと思いますか?

いさ選手 ポイントは1回戦ですね。お互いに大会の一発目はいい動きができないのですが、今日はその一発目をふたりとも切り抜けることができたのが大きかったと思います。

テツヲ選手 当日予選を勝ち上がったチームがその日一番ノッている、という部分がエリア決勝で出たと思います。普段の野試合で得た経験をちゃんと活かして、思い通りに動けたのが勝因ですね。

――決勝大会へ向けての意気込みをお願いします。

いさ選手 みんな忘れているかもしれませんが、じつは自分たちは前回闘神祭で準優勝だったんですよ! 今回は優勝できるようにがんばりたいですね。

テツヲ選手 前回からお互いキャラを変えているのですが、キャラ変えからのやり込みの成果や、やってきたものを決勝大会で見せたいと思います。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

いさ選手 『BBCF』は近く家庭用が発売されますがゲーセンでの対戦もおもしろいです。ゲーセンでゲームしましょう!

テツヲ選手 テイガーとは当たりたくないです(笑)

最終更新:9/6(火) 21:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]