ここから本文です

長時間労働是正、生産性向上で企業にもプラス=加藤働き方改革相

ロイター 9月6日(火)14時47分配信

[東京 6日 ロイター] - 加藤勝信働き方改革担当相は6日、報道各社のインタビューで「長時間労働是正などの働き方改革は、生産性向上を通じて企業側にとってもプラス」との認識を示した。生産年齢人口が減少するなか、労働力確保の観点から「意欲や経験のある高齢者の方が仕事に就くことはプラスだ」とも語った。

働き方改革は、1億総活躍社会の実現に向けて安倍晋三内閣が「最大のチャレンジ」と位置づける目玉政策。

月内にも発足する「働き方改革実現会議」では、労使協定(三六協定)を結べば時間外労働が上限なく認められる現状を踏まえ、「労働基準法の在り方の検討を行う」と改革への意欲を示した。

最終更新:9月6日(火)14時47分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]