ここから本文です

クリントン氏、メキシコ訪問招請を辞退する意向

ロイター 9月6日(火)15時9分配信

[5日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏 は5日、メキシコのペニャニエト大統領による同国訪問の招請を辞退する意向を示した。

ペニャニエト大統領は先月、民主・共和両候補に招待状を送付。共和党のドナルド・トランプ候補は速やかに応じ、8月31日にメキシコを訪問した。大統領との会談は友好的だったが、後日対立が表面化し、クリントン氏はトランプ氏が「外交上の重大事」を引き起こしたと批判している。

6日に放映されるABCとのインタビューの抜粋によると、クリントン氏は、11月8日の大統領選より前にメキシコを訪問するかとの質問に「しない」と回答した。

トランプ氏のメキシコ訪問についてクリントン氏は「彼は国家元首と効果的に交流する方法すら知らなかった。それが、今回の訪問の極めて明らかな結果だったと思う」と述べた。

最終更新:9月6日(火)15時9分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。