ここから本文です

建築家 伊東豊雄×レクサス 澤良宏、デザイントーク 9月15日

レスポンス 9月6日(火)20時30分配信

レクサスは、「レクサス デザイン アワード(LDA)2017」に向けて、「世界を変えるデザイン」をテーマとしたトークイベントを9月15日、青山ブックセンター本店(東京都渋谷区)で開催する。

[関連写真]

トークイベントには、レクサスインターナショナル エクゼクティブ ヴァイス プレジデントの澤良宏氏、LDAの審査員を務める建築家の伊東豊雄氏、昨年のLDAでグランプリに輝いたデザイングループAMAMが登壇。ITジャーナリストの林信行氏がモデレーターを務める。

LDAは、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティションで、2013年に創設し今回で5回目を迎える。より良い未来を切り拓き、世界を変えるクリエイティビティの力を信じ、次世代のデザイナーを育成・支援している。

現在募集中のLDA 2017のテーマは「YET(二律双生)」。YETとは、相反するものを互いに妥協させるのではなく、調和させることで更なる高みを目指し、新しい価値や感動を生み出す、レクサスのものづくりのDNAのひとつ。イベントの前半ではこのテーマをもとに、澤氏と伊東氏が対談し、自身の体験から世界を変える、世界に挑戦するデザインを語ってもらう。

イベント後半では、両氏に加え、レクサス デザイン アワード 2016グランプリのAMAM(荒木宏介氏、前谷典輝氏、村岡明氏)が登壇。LDA応募の動機・制作期間・ミラノで学んだことなどを語る。また澤氏・伊東氏は、いかにして世界に挑み、活躍するか、実体験をもとに語り、若いデザイナーたちを後押しする。

参加費は無料で定員は50名。青山ブックセンターWEBサイトにて参加申込みを受け付けている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月6日(火)20時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。